ビュッシュ・ド・ノエル風フランクフルタークランツ

c0213947_19481236.jpg

来月のレッスンで作るお菓子、「フランクフルタークランツ」を作りました。
ドイツのフランクフルト・アム・マインという都市の銘菓で、フランクフルトの王冠の意味。
本来はリング型で作るのですが、
12月はクリスマスにちなんでビュッシュドノエル風にトユ型で作りデコレーションします。
伝統菓子や銘菓には歴史があるので、
まずは伝統のままをお伝えするべきなのですが(基本ありきの応用)、
毎年アレンジバージョンでご紹介しています。
ホロッとする生地にバタークリームを挟み表面にもバタークリームを塗ります。
このクリームが美味しい!!と、毎年ご好評いただいております。


ご案内はこちらからどうぞ。
只今11月、12月のレッスン受講者募集中です。

お菓子教室コンフォタブルのHP
[PR]
by confortable-juju | 2014-11-18 22:10 | お菓子 | Comments(2)
Commented by keikosuminoleb at 2014-11-20 15:54
こんにちは!
ビュッシュドノエル風アレンジ→バタークリーム!
もう長いこと、軽いムースのビュッシュが主流になっていましたが、
伝統菓子流行にともなって、バタークリームの、しかもロールケーキのビュッシュが
ぽつぽつと見られるようになって来ているんです!
これは私としては嬉しい限りでして、
ちゃんと手作りしたバタークリームって、ホント、絶品ですよね!

ところで、以前、
レ・マルキ・ド・ラデュレのアトリエに参加させてもらい、
チョコレートエクレア作りました。
このときのフォンダン、ツヤッツヤでした→ 
http://keikoparis.exblog.jp/19846875/

砂糖ってすごいなーと、感心しました。


PS 私のエクレア、悪くないと思いません(笑) 作りたては、世界一の味ですね!
Commented by confortable-juju at 2014-11-20 16:39
こんにちは!ちゃんと手作りしたバタークリーム、ほんと美味しいです。私も同感です!!!
沢山バターを使っていても、決して重く感じない、かと言って軽すぎない、ぶれない味のバタークリームは、贅沢ですよね。
日本では毎年、各百貨店がクリスマスケーキのカタログを出していますが、毎年多いのはイチゴのショートケーキ。
あとはピエールエルメさんや有名なパティシェさんがオリジナルのお洒落なケーキを出されています。ビュッシュドノエルもトユ型で作られたムース仕立てのお洒落なのが多く、ロールケーキにバタークリームといった、素朴なものがもう少し出回ってもいいのではないかとも思います。
あっ、日本は今、バターが希少なので、その影響は大きいかもです。

フランスのイメージのケーキを掲載していたルノートルも日本から撤退した(?)ようで残念です。大阪にもきてほしかった。

http://keikoparis.exblog.jp/19846875/
↑ こちらの記事も、勿論拝見しています!
いつかパリに行ったら訪問したいと思い、お気に入りに登録しています(笑)
エクレア、すごいです!!綺麗~。

juju
<< 昨日のレッスン 菓子Ⅱより 週末のレッスン 菓子Ⅱより >>