人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ナッツの白い焼き菓子

食パンみたいだけれど焼き菓子です。
メレンゲをベースにし、薄力粉、たっぷりの溶かしバターを入れて焼き上げます。
卵黄が入らないせいか、白っぽく仕上がります。バターも焦がしません。
クルミやアーモンドなどのナッツ類をスピードカッターで荒めに刻み、混ぜ合わせます。
ポイントはメレンゲと他の材料の合わせ方。卵白の泡をなるべく消してしまわないよう、丁寧に混ぜ合わせます。
目が詰まったものになるか、ふんわり柔らかく仕上がるか、混ぜ方次第で、出来上がりのカサが異なります。
シンプルな材料、シンプルな工程は、一つずつの丁寧な作業がポイントなのです。
そして、「美味しくなぁれ・・・」と愛情を込めて、心の中で唱えることも忘れずに。
c0213947_9352469.jpg

by confortable-juju | 2009-11-30 09:46 | お菓子 | Comments(0)

コンフォタブルな一日~後編~

普段運動不足になりがちなので、気候の良い時は出来るだけ歩くよう心がけています。
この日も難波から淀屋橋まで歩くことに。地下鉄3駅分、まあまあな距離ですが、基本的にはまっすぐ、そして坂道などありません。御堂筋通りをただ、ただ歩くだけ。きょろきょろするもよし、考え事するもよし。何も考えないのも、尚よし。
見ようとしなくても、風景の方から目に入ってくれる、探すのではなく、偶然見付ける。ショートストリートのショートストーリ。心地よいです。
とまあ、大げさになりましたが、
御堂筋通りに出る前に心斎橋筋の商店街を歩いてみると、なんと、DALLOYAU(ダロワイヨ)を発見!
関西にはなかったはず?そうです。この秋に関西発出店とのこと。
さかのぼること、初めてパリに行った時、まだお菓子のことにさほど詳しくなかったころに入ったお店。東京自由が丘に行く際には必ず覗いているお店。ケーキはとても繊細で美しく、パンやお惣菜も充実しています。マカロンも種類が多くカラフルです。とにかくお店は見ているだけでも楽しく、目の保養になります。フランス菓子が揃いますので、覗いてみてはいかがでしょうか。
ダロワイヨと言えば、フランス菓子「オペラ」の元祖。表面がチョコレートでコーティングされていて、金箔がちょろっとのせてある。背は高くないけれど、実は層になっていて、少量でも濃厚なお菓子。チョコレートの線描きで”opera”と綴る。見た目、味、ともにリッチな四角いチョコレートケーキです。オペラを初めて作ったのは、1955年にダロワイヨのシリアック・ガヴィヨン氏。そしてマダム・ガヴィヨンがオペラ座の前に店があることから「オペラ」と名づけたそうです。
ご存知な方も多いかもしれませんが、ここはお菓子教室らしく、ミニ知識。

さて、話が長くなりますが、
今の時期は御堂筋通りのイチョウ並木が黄色くなり、葉が今にも落ちそうなくらい、たわわな状態です。本当に綺麗です。そして空が夜色に近づくと、これまたライトアップされて美しいのです。そのうち散ってしまうと黄色い絨毯のようになり、これまた風情を感じるのですが、お掃除して下さる方の苦労も忘れてはいけませんね。
本町から淀屋橋の間、御堂筋通りには播磨屋のfree cafeがあります。
そう、無料なのです。播磨屋さんの心意気。すごいですね。勿論、こちらで購入もできますよ。
ちなみに私はカレー味のおかきがお気に入りです。

c0213947_11261627.jpg
またまた文字ばかりになりました。
目が疲れていませんか?
そろそろティーブレイク!(昨日と同じパターンですみません)063.gif
それでは、良い週末をお過ごし下さい!
by confortable-juju | 2009-11-28 11:40 | 日々のこと | Comments(0)

コンフォタブルな一日~前編~

小春日和が続きますね。
皆様、いかがお過ごしですか?

昨日の話になりますが、大阪難波にある製菓材料店JHCにてお菓子の講習会を受講してまいりました。
講師の先生はイグレックプリュス北野店シェフパティシェを務めておられる多田先生。イグレックプリュス北野店といえば、神戸北野ホテル総支配人・総料理長山口氏が作り上げた食の総合ブティック。北野ホテルといえば、”世界一の朝食”として知られています。”世界一の朝食”ってどんな感じなのでしょうね。一度食べてみたいです。
さて、昨日教わったケーキは、ジェノワーズ、ピスタチオのムースリーヌにフランボワーズのムースという、クリスマスカラーを意識した、うっすら緑とピンクの組合せ。間にジュレなどのパーツも加わり、切り口が六層にもなります。そしてクリスマスのデコレーションを施した、とても美しく、美味しいケーキでした!

レッスンを受講すると、”目からウロコ”。ためになることばかりです。
技術的なことは勿論のこと、情報収集はとても大事。
同じお菓子でも作り方は一つではなかたったり、お菓子にも流行があったりと学ぶこと、知りたいことは沢山あります。様々な角度から見て学ぶことの重要性をあらためて感じた次第です。
そして自分が習得した素晴らしい情報を私のお教室でも皆さんにお伝え出来ればいいな、と思います。
何かチカラをいただける、貴重な時間でした。

c0213947_1532434.jpg
字面ばかりになりましたね。
そろそろ目が疲れていませんか?
ここらでちょいとティーブレイク!063.gif
後半は後日、御堂筋編へと続きます。
by confortable-juju | 2009-11-27 16:14 | 日々のこと | Comments(0)

12月の「菓子Ⅰ」クラスレッスンご案内

連休明け、いかがお過ごしでしたでしょうか?
昨日の大阪、勤労感謝の日は秋晴れの良いお天気でしたね。

さて、12月の菓子Ⅰクラスレッスンについて、追加事項を含め再度ご案内差し上げます。
メニューは「フランクフルタークランツ」。そしてあともう一品、「シナモンとクルミのさくさくクッキー」を追加いたしました。

ドイツの銘菓として知られている「フランクフルタークランツ」は、クリスマス月ということで、ビュッシュ・ド・ノエル風にアレンジします。キメの細かいスポンジとホワイトチョコの入ったバタークリームの組合せが絶品です!
c0213947_10321822.jpg

そして、レッスンで何度か登場しております「シナモンとクルミのさくさくクッキー」は、皆さんからご好評の声を頂いております。何度でも食べたくなる、私の大好きなクッキーです。
是非ご紹介させて下さいね!
c0213947_10551933.jpg

レッスンの日程ですが、
12/5(土)10:00~
12/9(水)13:00~
12/11(金)10:00~
12/12(土)10:00~、14:30~
所要時間は3時間半程度です。
受講料は¥6,500(お箱代別途¥200。タッパーやお箱など、お持ちいただける方はお箱代不要です。)定員は4名様までとなります。
空き状況、内容についてなど、どうぞお気軽にお問合せ下さい。
参加をご希望下さる方はお菓子教室コンフォタブルのHP内スケジュール欄にある『お申込みフォーム』より必要事項をご記入の上、ご連絡下さいね。
by confortable-juju | 2009-11-24 11:52 | お菓子教室より | Comments(0)

11月のレッスンでは・・・

先週に引き続き、今日のレッスンも楽しくあっいう間に時間が過ぎてゆきました。
レッスンにお越し下さった皆様、今月もありがとうございました。
さて、11月のメニューは「紅茶と無花果のケーキ」と「マロンパイ」の2種類。
せっかくブログを始めたのだから、レッスン風景を写真におさめようとはりきったのですが、手がふさがっているのと、写真を撮ることその事自体を忘れてしまったりとで・・・。
それでも何とかマロンパイを作る工程を1枚パチリ。
c0213947_1155858.jpg

カットしたパイ生地にアーモンドクリームと渋皮付き栗甘露煮をのせ、包んでいく作業です。

紅茶と無花果のケーキは大好きなクグロフ型で焼き上げました。
型からケーキを取り出した瞬間、甘いミルクティーのような香りが広がります。
焼きあがったケーキにハケで丁寧にシロップを塗る作業、シロップがケーキにジュワ~と音をたて染み込んでいくのが好きです。
by confortable-juju | 2009-11-21 22:22 | お菓子教室より | Comments(0)

ビュッシュ・ド・ノエル

フランスのクリスマスケーキ、「ビュッシュ・ド・ノエル」。
ビュッシュは薪(まき、たきぎ)、ノエルはクリスマス。その名のとおり、「クリスマスの薪」をイメージしたケーキです。なぜ薪なのか、については幾つか由来があるようですが、キリストの誕生を祝い、暖炉で夜通し薪を燃やしたという説が一般的です。お家に暖炉があるなんて、素敵ですね!
作り方は、バタークリームを巻き込んだロールケーキに、デコレーションをほどこします。フォークの背やヘラで模様をつけたり、先っちょがギザギザの口金でクリームをしぼると木肌の感じが出ます。よくメレンゲで作ったキノコが添えられていますが、これは子孫繁栄を意味するそうです。
c0213947_1924928.jpg

さて、今年のビュッシュ・ド・ノエルはチョコレート風味のバタークリームで作ってみました。
イメージは、「森」。ツタの代わりにナッツ類を飾りました。
リスとかウサギとか、小動物が木の実を食べにきたところを想像して作ってみたのですが
いかがでしょう?
by confortable-juju | 2009-11-20 22:59 | お菓子 | Comments(0)

初物です

イチゴが店頭に並び始めると、クリスマスが近づいてきたことを実感します。
私が手にした今シーズン初物は、栃木県産”とちおとめ”。
関西では珍しいように思います。
近頃ではイチゴの品種も増えましたね。
パッと思い付くものだけでも、あまおう、とよのか、さちのか、さがほのか、女峰に紅ほっぺ。ももいちご、なんてのもあったなぁ。

さて・・・
久しぶりにショートケーキを作ってみました。
c0213947_2345248.jpg

どこから食べよっか?イチゴは先に食べちゃいますか?
それとも後からのお楽しみにとっとく派?
by confortable-juju | 2009-11-18 01:15 | お菓子 | Comments(0)

ジンジャーマンが行く!

クリスマスが近づくと、シナモンや生姜(ジンジャー)などのハーブティーが多く見られます。

先日、パッケージのかわいさに惹かれて購入したお紅茶。
ジンジャーマンが、しなっとしていて動いている感じがキュート!
男の子だけじゃなくて女の子もいるし。
c0213947_1240143.jpg

シナモン、生姜、チコリなどをブレンドしてあるそうです。
by confortable-juju | 2009-11-16 13:29 | 日々のこと | Comments(0)

シャルロット・オ・ショコラ

チョコレートケーキを試作中。
何か足りない、、、。
クリスマス用のチョコプレートを合わせてみるも、うっかり手が滑ってしまいました005.gif~。
やっぱり割れるんですね。
c0213947_10195872.jpg

Quel temps fait-il aujourd'hui?
ブログのタイトルの横っちょに書いているフランス語。「今日のお天気は?」という意味ですが、
今日は朝から雨模様。そろそろ新しい傘を使ってみようか。
手に取っては引っ込め・・・こんなことを繰り返しているうちに2年ほどの月日がたちました。
大切にするあまり一度も使えない物、眠っている物。そういう品物、ありませんか?
そろそろ起こしてあげなくちゃね!忘れてしまわないうちに。
by confortable-juju | 2009-11-11 11:12 | お菓子 | Comments(0)

ダックワーズ

メレンゲにアーモンドプードル、粉糖を加え混ぜ合わせる。
定番に思われる小判型も、実は日本のオリジナルだそうです。
型がなければ絞り袋に入れて絞るのもOK。
c0213947_1748547.jpg

外側はパリッとしていますが、食べるともちっとした食感です。
中に挟むバタークリームにはアーモンドやヘーゼルナッツのプラリネを加えたり、コーヒー風味にしたりなど、コクのある味が好相性。
メレンゲをベースにしたお菓子の代表には他にもマカロンがありますが、配合や作り方が異なると全く別のお菓子になりますね。奥深いです。
by confortable-juju | 2009-11-09 19:15 | お菓子 | Comments(0)