人気ブログランキング |

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

名残

先日の菓子Ⅱクラスのレッスンで作った「レーズンとフランボワーズのパウンド」。
毎日少しずつカットしてお茶とともにいただくも、最後の一切れになりました。
お名残惜しゅうございます。

少しのゆとりと、ささやかな喜びが日常生活を豊かにしてくれるように思います。
そんなふうに感じた、8月最後の日曜日でありました。

c0213947_14385990.jpg

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-28 15:08 | 日々のこと | Comments(0)

9月の菓子Ⅰクラスレッスンメニュー 「フラン オ ポワール」

来月、「菓子Ⅰクラス」で作るお菓子、「fran aux poires~フラン オ ポワール」。
見た目は洋ナシのタルトとほぼ同じですが、中のクリームが異なります。
フランというお菓子は、型にパートシュクレやパートブリゼを敷き込み、その中にカスタードベースのクリームを入れて焼き上げます。
シンプルなお菓子で、フランスではカットしたものをブーランジェリー(パン屋さん)で見かけるほど最も一般的でポピュラーはお菓子です。
レッスンでは洋ナシ風味にアレンジ。素朴なお菓子を洒落た感じに仕上げます。

c0213947_19591595.jpg


c0213947_16365571.jpg


「菓子Ⅰクラス」では、を毎月メニューの中にお菓子作りのベースとなる生地やクリームの作り方を取り入れています。
来月のテーマは「パートブリゼ」と呼ばれる練パイ生地の作り方、「フラン」というクリームの作り方です。フランは配合は異なりますが、カスタードクリームを炊く要領と同じです。お菓子を作りながら基本工程をマスターしましょう!
レッスンご希望下さる方はHPの問合せ欄にある申し込みフォームよりお知らせ下さい。

ところで、洋ナシのお菓子と言えば・・・
お菓子作りを始めたころ、「こんなお菓子作ってみたい!」と思っていたのが「洋ナシのタルト」。
一般的には
       ①パートシュクレやパートブリゼをタルト型に敷き込み、
       ②中にアーモンドベースのクリームを入れ、
       ③表面に細かい切り込みを入れた洋ナシを並べて焼き上げる。
このようなお菓子のことを言います。
フランスではフランと同じく、カットしたものがブーランジェリーにあるような類。
「この洋ナシのヒダヒダしているのは一体どうなっているんだろう?」
とか、
「どうやって作るんだろう・・・?」
なんて思ったことを今でも覚えています。

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-26 20:49 | お菓子教室より | Comments(0)

ダックワーズとマカロン

先日、「ダックワーズとマカロンってどう違うんですか?」という質問がありました。
確かに見た目は違うものの、材料は、ほぼ同じですものね。

材料は、卵白とお砂糖そして、アーモンドプードル、粉糖。
私はダックワーズにこれらの材料プラス薄力粉を入れて作りますので、その違いがあるものの、ほぼ同じ。
そして卵白とお砂糖でメレンゲを作り、粉類を混ぜるという工程も同じ。

では、どこが違うのでしょう?


●まず、混ぜ方。
ダックワーズはメレンゲに粉類を混ぜ、気泡を潰さないよう、切るように混ぜます。
マカロンはメレンゲに粉類を混ぜ、気泡を潰すように混ぜます。この作業を”マカロナージュ”といいます。

●次に成形。
ダックワーズは、生地をダックワーズ用の型に絞り込み(型を使用せず、絞り出してもOKです。)、型をはずした後、乾燥を防ぐために粉糖をふります。そして焼き上がりをパリッとさせるために、オーブンに入れる前、再度粉糖をふります。
マカロンは生地を絞り出したあと、表面に膜が張るまで常温で乾かします。
手で触ってもひっつかないくらいまで乾かした生地を焼くことで、綺麗なマカロンの条件である、①表面にしわのない光沢のあるもの、そして、②底の縁にギザギザとはみ出しているピエ(pied 足)と呼ばれるものが出来ます。

●そして配合。
ダックワーズに比べ、マカロンは砂糖の量が多いのです。
砂糖が多い配合はマカロンの表面を薄くツルンを仕上げることに関係してきます。

配合と作り方が異なると違うお菓子が出来るから、摩訶不思議・・・。

★ダックワーズ
生地の表面はパリッとさせるために粉糖を振って焼き上げます。
小判型がとてもかわいいです。(ちなみにこの形は日本特有のものです。)
中にバタークリームをサンド。
c0213947_8532756.jpg

★マカロン
表面はツルンと、底周辺にはギザギザ(ピエと呼ばれるもの)が出ています。
外はパリッと、中はしっとりした触感。
中にバタークリームをサンド。
c0213947_854416.jpg


お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-24 10:25 | お菓子 | Comments(0)

ありがとうございました。

ここ数日、少し涼しい日が続いています。
日中はひぐらし(蜩)が、そして夜は秋の虫の鳴き声が聞こえるようになりました。
初秋に近づきつつあるようです。

週末は菓子Ⅱクラスのレッスンでした。
菓子Ⅰクラスに引き続き、菓子Ⅱクラスもとても楽しく、充実した時間でした。
いつも足をお運び下さる皆さま、今月もありがとうございました。
またご自宅でも作ってみて下さいね!

来月のレッスンも楽しみにお待ちしています。
また、新規お申込みをご検討下さる方、お菓子教室コンフォタブルで一緒に美味しいお菓子を作りましょう!お申込み・ご質問などございましたら、HPの問合せよりお寄せ下さいね。

c0213947_1803666.jpg


お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-21 22:49 | お菓子教室より | Comments(0)

こんなのいかがでしょう?~ハニーミルク~レモンジュレ添え~(過去掲載レシピより)

c0213947_14473435.jpg

ちょうど一年前より

「まろやかなハチミツの甘さと爽やかなレモンの酸味が優しいハーモニーを奏でます」

というキャッチフレーズでフードソムリエサイトに掲載している冷たいスイーツ、
「ハニーミルク~レモンジュレ添え~」。
作り方もシンプルで、材料もすぐ入手できるものばかりです。

ハニーミルクで残暑を元気に乗り切りましょう!
既にご覧下さった方、そして初めての方も、よかったら是非作ってみて下さいね!

「ハニーミルク~レモンジュレ添え~」レシピはこちらから → 
 
お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-18 14:03 | レシピ掲載 | Comments(0)

栗のモンブランタルト

c0213947_11555833.jpg


こちらは「tarte mont blanc marrons」~栗のモンブランタルト~です。
以前レッスンでもご紹介したことがありますが、少しクリームの配合を変えてみたりなど、
改めて試作です。
これからのレッスンメニューとして、どこかで登場する予定です。

秋は栗やカボチャ、さつまいも、など、ほっくり系が似合いますね。
あと二か月もすれば、すっかり秋色メニューですよ。

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-17 15:47 | お菓子 | Comments(0)

残暑お見舞い申し上げます

c0213947_1324037.jpg


8月も半ばを過ぎました。
京都では、今日は大文字の日でもあります。
暦の上では秋の始まり。でもまだまだ。厳しい残暑となりそうです。
夏の疲れを残さないよう、元気にお過ごし下さいませ。

話は変わりますが・・・
先日、新しいカメラを購入しました。
2003年からずっと愛用していたカメラが、壊れてしまったのです。
思い起こせば、あれやこれやと迷いながら選んだコンデジ。
愛着もあり、とても残念です。
修理に出すには大分年月も経っているとのことでしたので、
新しく購入することに。

今回新しく購入したのはデジタル一眼レフ。
今まではお菓子の写真が主で、HP掲載用に撮っていたのですが、
これからはお菓子以外のものも撮ってみたいな、と(今は)思います。
使いこなすまで、少し時間がかかりそうですが、何事も練習です・・・ね。

そうそう、新しいものと言えば・・・。
電化製品の進化には驚かされっぱなしです。
テレビを買い変えれば、録画機能が随分進歩している!(ディスクがなくても本体に録画、削除が簡単に出来る)
え!知らなかったの!と言われそうですが、去年、買いかえるまで、知りませんでした。
これはとても便利!
今年の6月には私の不注意でパソコンを壊してしまい、(作業中にコーヒーをこぼしてしまいました、、、)、新しいパソコンはWindows7になっていて。
後から出るほうが便利に出来ているのでしょうが、PCのバージョンアップに伴い、今までのPCで使用していたソフトが新しいものに対応できなくなってしまい、そちらもバージョンアップしなくてはならない、もしくは使えない、などの問題が発生。
長い目でみれば便利なものも、少し不便な気もします。

そもそも、電化製品の進歩は、年々、少しずつ便利になっているというもの。
ですが、頻繁に買い替えるものではないので、買い替えまでの数年間を一足飛びしているわけですから。浦島太郎状態です。

なんだか、機械に操られているのはヒトのようです。
機械に使われるのではなく、使いこなせるよう。
慣れ親しんだものを手放すのは思い切りが必要です。
そして新しいものを受け入れるのは勇気が必要です。

古いものを大切にし、新しいものにも対応できるように。
どちらも受け入れられるように、アタマを柔軟にしなくては。
なんてことをボーっと思ったりしています。

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-16 11:54 | 日々のこと | Comments(0)

9月のレッスン

立秋を過ぎても、暑さが増していきますね。
この暑さと上手にお付き合いしながら、夏を過ごしていきましょう!

さて、既にHPにてお知らせしておりますが、
9月のレッスンのご案内です。
ところどころ未定事項は決まり次第、アップしていきますね。
ただ今、「菓子Ⅰクラス」レッスンご希望者を募集しております。

★★★9月の「菓子Ⅰクラス」レッスンのご案内

c0213947_17134969.jpg
c0213947_17141563.jpg

●メニュー:「フラン オ ポワール」、「ディアマン」の2品

fran(フラン)はカスタードクリーム入りパイ(タルト)でフランス菓子の一つです。
「フラン オ ポワール」では、パートブリゼ(練りパイ生地)を敷き込んだタルト型の中に
洋ナシのリキュールで風味付けしたカスタードベースのクリームを入れ、
放射状に切り込みを入れた洋ナシを並べて焼き上げます。
上品で優しい味に仕上げてます。

diamant(ディアマン)はダイヤモンドという意味のフランス語。
バターの風味が豊かなサクサククッキーです。
周りにつけたザラメ糖がアクセントに。


●日時  :   9/7(水)10:00~         
         9/9(金)10:00~
          9/10(土)10:00~

※所要時間は約3時間半程度ですが終了時間は延長する場合もございます。
●受講料:¥6,500

●お申込み:お菓子教室コンフォタブルHPの 問合せ欄にございます申込みフォームより
        必要事項をご記入の上ご連絡下さい。

※レッスン概要はHPのレッスン欄をご一読下さいませ。

**********************************************

★★★9月の「菓Ⅱクラス」レッスンのご案内

c0213947_20241187.jpg

c0213947_1792794.jpg

●メニュー: 「かぼちゃのモンブラン」、「パレ ショコラ」

●日時  :    9/16(金)10:00~
           9/17(土)13:30~

※菓子Ⅰクラスを終了された方を対象としています。

**********************************************

今のところのスケジュールです。
追加事項がございましたら、新ためてご案内いたしますので、時々チェックしてみて下さいね!

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-11 17:17 | お菓子教室より | Comments(0)

2011年8月 葉月

朝、目覚めるとセミの声。
日中の空は青くて、白い雲が線を描く。薄い雲がちぎれて気持ちよさそうに浮いている。
そんな日ばかりではありませんが、
季節の変わり目のない月替わりは、静かに訪れるものですね。
気が付けば8月。一日遅れでめくったカレンダーを眺めるも、
祝日のない暦に焦ることもなく、気持ちの上では、どこか”ゆるり”としているのは、
「8月=夏休み」モードが今もなお染みついているからでしょうかね・・・。
c0213947_14321969.jpg

(↑ 去年の画像です。ちなみに、このビー玉はラムネについていたものなんです。)

お菓子教室コンフォタブルのHPはこちら→
by confortable-juju | 2011-08-02 15:38 | 月初めのご挨拶 | Comments(0)